home » Blog » 「営業」されるほど嫌なことはありません。

「営業」されるほど嫌なことはありません。

[橋本 幸生] 2018.06.20

「営業」されるほど嫌なことはありません。売り手の論理で。
でも、
仕事に真面目で積極的であればあれほど営業します。

されて嫌なことなのに、自分たちはします。

なぜ?「営業」売り込みがとても不快になったかといえば、
買うことの決断の情報は自分で得られる時代になったからです。
営業担当者ではなく、スマフォからの方が比較が早くたくさんの情報が得られます。

次世代の「営業」は強烈なカリスマ性orこちらになっていくと思います。

私たちは強烈なカリスマ性はないので
・聞いて
・顧客が自分自身のニーズの気づいてもらう
・問題解決方法を知ってもらう
・購買

しかも簡単に入社1年以内にできないといけない。

そんなことを気づかせてくれる良書!
新人とも共有できる書籍。
弊社の課題図書にしました。

対面の営業は次世代に行かないとAmazon,Google,と競合しちゃって絶対に勝てない。

  • シェア
記事一覧

WEB予約