home » Blog » パーマがゆるくなった時の方法

パーマがゆるくなった時の方法

[Takemura] 2017.11.10

こんにちは!
竹村じゅんです!

さて、今日はパーマをかけて2、3ヶ月経ってパーマをかけようか、かけないでおこうか迷った時のお話です。

では、まずこちらの画像をどうぞ!!


約2ヶ月くらい前に私がカットとパーマをして、今日カットでご来店していただいたお客様です。
髪質的に言うと、軟毛の直毛さんで非常にパーマがとれやすい髪質のお客様です。

確かに、2ヶ月前と比べてパーマはかなり緩くなりました。

そしてお客様はパーマをかけようか、かけないかで悩んでました。

正直なところパーマをかけるのも、全然ありだと思いました。
でも、約2カ月でパーマかけ続けるには髪の毛にかなりダメージの負担がかかってしまうと判断しましたので、
ここはカットのチカラでパーマを復活させようと思いました!

そして

仕上がりが、、、

こちら、、、

・・・


なんと、パーマが生き返ってるじゃないですか!?

特に、トップの辺りのパーマはしっかりと動いてます!!

髪の毛に付けたワックスは柔らかいツヤのでるエヌドットです。

カットでパーマは動きが出るように切れます。
場合によってはパーマを勧める時もありますが、
カットだけでも、髪の毛は変わります。

どうしたらいいか分からない時は、相談だけでも大丈夫ですよ☆

では、お店でお待ちしてます。

良い一日を。

  • シェア
記事一覧

WRITER

Stylist

竹村じゅん

優しく見られたい、オシャレに見られたい
そんなニュアンスをくみ取り
お客様のなりたい願望を叶えます。

 ☆カット
柔らかい髪の毛、ゆるいニュアンスを出すために、スライドカットという技法を使い、髪の毛一本一本に動きを与えていきます。

 ☆パーマ
お手入れが簡単で柔らかく、コテを使ったような、外国人風なオシャレなパーマをご提案します。

 ☆カラー
赤み除去カラーが得意です。
日本人特有の赤みが出る髪を、オリジナル配合のカラーで赤みを抑えて透明感を出すのが得意です。

WRITER LIST

ARCHIVES

WEB予約